= 徒然の漢詩鑑賞 =

  杉篁庵(さんこうあん)主人の漢詩鑑賞ブログです
    縦書きは崩れる場合があるのでやめました
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
冬至の詩
 冬至 杜甫
年年至日長為客、忽忽窮愁泥殺人。
江上形容吾独老、天涯風俗自相親。
杖藜雪後臨丹壑、鳴玉朝来散紫宸。
心折此時無一寸、路迷何処是三秦。

  冬至 杜甫
年年至日長(つね)に客と為り、
忽忽(こつこつ)たる窮愁(きゅうしゅう)人を泥殺(でいさつ)す。
江上の形容、吾れ独り老い、
天涯の風俗、自ら相親しむ。
藜(あかざ)を杖(つ)いて雪後丹壑(たんがく)に臨むも、
玉を鳴らして朝来(ちょうらい)紫宸(ししん)を散ぜむ。
心折れて此の時一寸も無く、路迷ひぬ何れの処か是れ三秦(さんしん)。

毎年冬至の日は常に旅人となり、
深い愁いは私にまとわりついて離れません。
長江のほとりにたたずむ私はひとり老い、
故郷を遠く離れた異郷の風俗にも自分から親しむようになりました。
藜(あかぎ)の杖をついて出かけて行き 雪の消えた赤い色の谷を見下ろし、
都では腰の佩玉(はいぎょく)を鳴らして朝臣たちが紫宸殿を退く頃であろうと思います。
私の心は折れて このとき一寸の大きささえなく、
都の方を眺めてみても路に迷って都長安はどこにあるのかも分からないのです。


 至后 杜甫
冬至至後日初長,遠在劍南思洛陽。
青袍白馬有何意,金谷銅駝非故鄉。
梅花欲開不自覺,棣萼一別永相望。
愁極本憑詩遣興,詩成吟詠轉淒涼。

 至后 杜甫
冬至至後 日初めて長く、遠く剣南に在りて洛陽を思ふ。
青袍白馬に何の意有らん、金谷銅駝も故鄉に非らず。
梅花開かんと欲すれども、自ら覺えず、棣萼(ていがく)一別永く相ひ望むのみ。
愁ひ極れば本と詩に憑りて興を遣り、詩成りて吟詠すれば轉(うた)た淒涼なり。

冬至、冬至が過ぎるとやっと日が長くなりはじめ、遠く剣南の地にあって、洛陽のことが思い出されます。
下級官僚の青袍をきて、白馬の将軍に就きしだがって、何の意味がありましょう、洛陽近郊の金谷澗や、洛陽の市街地の銅駝陌も安史の乱以降は馴染みの姿ではないのですから。
梅の花は咲こうとしている事に自分では気が付きもしませんが、「棣鄂之情」ともいう兄弟とは一別以来永らく互に思いをやっています。
詩を作り吟じれば吟じるほど愈々悲しさが募るばかりです。


 邯鄲冬至夜思家  白居易
邯鄲駅裏逢冬至、抱膝燈前影伴身。
想得家中夜深坐、還応説著遠行人。

「邯鄲(かんたん)の冬至の夜に家を思ふ」 白居易
邯鄲の駅裏(えきり)にて冬至に逢ひ、
燈を前に膝を抱くや影身に伴ふ。
想ひ得たるは、家中の夜深けて坐し、
還(ま)た応(まさ)に遠行の人を説著(せっちゃく)すべきを。

 邯鄲の冬至の夜に家を思う 白居易
邯鄲の宿場で冬至を迎えて、
燈(ともしび)の前で膝を抱えて座ると影が我が身に寄り添います。
そして、思いめぐらすのです、故郷では夜になると家族そろって
きっと遠く旅上にある私のことを話しているだろう、と。
06:51 | 漢詩鑑賞 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
翡翠(かわせみ)
  翠鳥
     蔡邕『古詩源』より
庭陬有若榴、冤婀淬移董
翠鳥時來集、振翼修容形。
囘顧生碧色、動搖揚縹悄
幸脱虞人機、得親君子庭。
馴心託君素、雌雄保百齡。

  翠鳥(すゐてう)
庭陬(ていすう)に若榴有り、
緑葉に丹栄を含む。
翠鳥時に来り集ひ、
翼を振りて容形を修む。
回顧すれば碧色を生じ、
動搖すれば縹青(へうせい)を揚ぐ。
幸ひに虞人(ぐじん)の機を脱して、
君子の庭(てい)に親しむを得たり。
心を馴らして君が素(そ)に託し、
雌雄百齡を保つ。

・蔡邕〔さいよう〕:後漢の文学者、書家。133年〜192年。
・翠鳥〔すゐてう〕:カワセミ。 
*「翠鳥=作者。庭陬=国土。若榴=天子。丹榮=天徳。」を象徴した彩り豊かな詩。

庭の隅(すみ)に石榴(ざくろ)の木があり、
緑の木の葉の中に赤い花を咲かせている。
カワセミが、時々飛んできて集まって、
翼(つばさ)を振り、姿を繕い清めている。
ふりかえると、水面の波にあおみどり色が生じ、
池の水が揺れ動いて、はなだ色になっている。
幸(さいわ)いにも、狩人の矢に狙われる危うさから脱して、
君子の庭に親しく居ることがでる。
心安らぎ、君主の真心に任せて、
カワセミの夫婦のように揃って穏やかに百歳の長寿を保とう。
11:13 | 漢詩鑑賞 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
「翠微」を詠った杜甫と李白の詩
昨日知った語に「翠微」がある。これを詠った杜甫と李白の詩をあげる。

  秋興八首 其三  杜甫         
千家山郭靜朝暉、百處江樓坐翠微。
信宿漁人還泛泛、清秋燕子故飛飛。
匡衡抗疏功名薄、劉向傳經心事違。
同學少年多不賤、五陵衣馬自輕肥。

千家(せんか)の山郭に朝暉(ちょうき)静かなりて、
百處の江楼に翠微(すいび)坐したり。
信宿に漁人は還(ま)た汎汎(はんはん)として、
清秋に燕子(えんし)は故(ことさら)に飛び飛ぶ。
匡衡(きょうこう)は疏(そ)を抗(あ)げて功名薄く、
劉向(りゅうきょう)は経(けい)を伝えて心事(しんじ)違ふ。
同学の少年多く賎(いや)しからず、
五陵の衣馬自(おのずか)ら軽肥(けいひ)ならむ。

山沿いの千戸の街に朝日が静かに射し入り、
川辺の全ての楼は緑の香気に包まれている。
旅を伸ばせば釣人は点々と舟を浮かべ、
澄みわたる秋空に燕はことさら飛びまわる。
いまの匡衡は上奏しても功名薄く、
いまの劉向は経書を講じても志と違ってしまう。
同学の若者たちは多く立身出世を遂げ、
五陵の辺で軽裘肥馬の富貴の身分を楽しんでいるだろう。

自分を包む自然の美しさに比べ自分を省みる。「匡衡・劉向」は前漢の学者で、その努力が認められ官に上った。それにひきかえ、いまの「匡衡」や「劉向」であるべき自分は「功名薄く」「心事違う」状態である。かつての同学であった若者は、それぞれ立身出世を遂げ、高級官僚の多く住む「五陵」(五つの陵邑)に家を構え、「軽肥」(軽裘肥馬)の身分になっていると、挫折した自分の人生を嘆いている詩。  


 下終南山過斛斯山人宿置酒:李白
暮從碧山下、山月隨人歸。
卻顧所來徑、蒼蒼埒虍。
相攜及田家、童稚開荊扉。
冀歹幽徑、青蘿拂行衣。
歡言得所憩、美酒聊共揮。
長歌吟松風、曲盡河星稀。
我醉君復樂、陶然共忘機。

 「終南山を下りて斛斯(こくし)山人の宿を過るに酒を置きて」李白
暮に碧山より下れば、山月人に隨ひて帰る。
来る所の径を却顧(かえりみ)れば、蒼蒼として翠微に圓呂襦
相ひ攜(たずさ)へて田家に及べば、童稚 荊扉(けいひ)を開く。
緑竹幽径に入り、青蘿(せいら)行衣を払ふ。
歓言憩ふ所を得て、美酒聊(いささ)か共に揮(ふる)ふ。
長歌松風に吟じ、曲尽きて河星稀なり。
我酔へり君も復た樂みて、陶然として共に機を忘る。


日暮れに碧山から下ってくると、山月も私についてくる。下りてきた道を振り返れば、青々とした山並みに道が続いているのが見える。
君と連れ立って田家につけば、子どもらが門を開けて迎えてくれた。緑の竹が幽徑まで生い茂り、青いツタが衣にまとわりついて埃を払うかのよう。
談笑しながら体を休めるところを得て、ともに美酒を酌み交わす。松風に乗せて長々と歌を歌い、歌い終われば天の川もかすかになっている。
私は酔った、君もまた楽しんだろう。共にこの境地に遊んでつまらぬことは忘れてしまった。
12:31 | 漢詩鑑賞 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
幽居 韋應物
  幽居 韋應物(いおうぶつ)

 貴賤雖異等
 出門皆有營
 獨無外物牽
 遂此幽居情
 微雨夜來過
 不知春草生
 青山忽已曙
 鳥雀繞舍鳴
 時與道人偶
 或隨樵者行
 自當安蹇劣
 誰謂薄世榮

   五言古詩。營・情・生・鳴・行・榮(平声庚韻)

 幽居(ゆうきょ)
貴賤(きせん) (とう)(こと)にすといえども
門を出ずれば みな営みあり
独り外物の()くなく
この幽居の情を()
微雨 夜来(やらい)過ぎ
知らず 春草生ずるを
青山たちまちすでに()
鳥雀(ちょうじゃく) (しゃ)(めぐ)りて鳴く
時に道人(どうじん)(ぐう)
或いは樵者(しょうしゃ)に随いて行く
自ら当に蹇劣(けんれつ)(やす)んずべし
(たれ)か世栄を(うす)んずと()わん



10:53 | 漢詩鑑賞 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
春暁 孟浩然
  

   春暁(しゅんぎょう) 孟浩然(もうこうねん)
春眠不覺曉
處處聞啼鳥
夜來風雨聲
花落知多少


春眠(あかつき)を覚おぼえず
処処(しょしょ)啼鳥(ていちょう)を聞く
夜来(やらい) 風雨の声
花落つること知る多少(たしょう)
     ・五言絶句。(上聲篠韻=曉・鳥・少)
14:14 | 漢詩鑑賞 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--