= 徒然の漢詩鑑賞 =

  杉篁庵(さんこうあん)主人の漢詩鑑賞ブログです
    縦書きは崩れる場合があるのでやめました
<< 幽居 韋應物 | TOP | 春日酔より起きて志を言ふ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
月下獨酌 四首  李白
酒の詩と言えば、酒仙・李白の詩をまず挙げるのだろう。
「將進酒」に続いては、「月下独酌」。春の酒である。
これは五言古体詩の四首連作。


  月下獨酌 四首  李白
   其一
 花間一壺酒,獨酌無相親。
 舉杯邀明月,對影成三人。
 月既不解飲,影徒隨我身。
 暫伴月將影,行樂須及春。
 我歌月裴回,我舞影零亂。
 醒時同交歡,醉後各分散。
 永結無情遊,相期邈雲漢。


月下独酌(げっかどくしゃく)
  其の一
花間 一壺の酒
独り酌みて相親しむもの無し
杯を挙げて明月を(むか)
影に対して三人と成る
月 既に飲むを解せず
影 (いたづら)らに我身に随ふ
暫く月と影とを伴い
行楽 (すべか)く春に及ぶべし
我歌へば 月 徘徊し
我舞へば 影 零乱す
醒むる時 同じく交歓し
酔ひて後 各々(おのおの)分散す
永く無情の遊を結び
相ひ期して雲漢(はる)かなり


〔詩意〕
花に囲まれて一壺の酒を抱え、
一人で酌んで 共に飲むものもいない。
杯を上げて明月を出迎えれば、
自分の影も現れて三人になる。
月はもとより飲むことはしらず、
影もいたずらに我が身にまとわるだけ。
しばらくはこの月と影とを友として、
春の盛りを楽しむとしよう。
自分が歌うと月は天を行き廻り、
自分が舞うと影もつられて乱れて舞う、
覚めている間は喜びを交し合うが、
酔った後はそれぞれまた別れる。
それが永く続くしがらみのない交友であって、
またはるかな天の川での再会を誓おう。


   其二
 天若不愛酒,酒星不在天。
 地若不愛酒,地應無酒泉。
 天地既愛酒,愛酒不愧天。
 已聞清比聖,復道濁如賢。
 賢聖既已飲,何必求神仙。
 三杯通大道,一斗合自然。
 但得酒中趣,勿為醒者傳。

  其の二
天 ()し酒を愛さずんば
酒星(しゅせい) 天に在らず
地 若し酒を愛さずんば
地 (まさ)酒泉(しゅせん)無かるべし
天地 既に酒を愛す
酒を愛するも 天に()じず
已に聞く清は聖に比すと
復た()ふ濁は賢の如しと
賢聖 (すで)(すで)に飲む
何ぞ必ずしも神仙を求めんや
三杯 大道(たいどう)に通じ
一斗 自然に合す
()酔中(すいちゅう)の趣を得んのみ
醒者(せいしゃ)の為に伝ふること(なか)


〔詩意〕
天がもし酒を愛さないなら
「酒星」が天空にあるわけがない。
地がもし酒を愛さないなら
地上に「酒泉」があるはずがない。
天も地も確かに酒を愛している。
酒を愛することは天に恥ずべきことではないのだ。
酒の清らかさは聖なるものと言われ、
また、濁った酒は、賢(知性)のようだと言う。
賢も聖もすでに酒にあって私はそれを飲んでいる、
どうしてわざわざ神や仙人になろうか。
三盃飲めば正しい道に入り、
一斗飲めば自然に溶け込む。
ただ酒を飲んでたのしみたいだけだ、
酔わない人に教えてやる必要などはない 。

   其三 
 三月咸陽城,千花晝如錦。(別作・落花散如錦あるは庭花笑如錦)
 誰能春獨愁,對此徑須飲。
 窮通與修短,造化夙所稟。
 一樽齊死生,萬事固難審。
 醉後失天地,兀然就孤枕。
 不知有吾身,此樂最為甚。
 
 其の三
三月 咸陽城(かんようじょう)
千花 昼 錦の如し
誰か()く春 独り愁ふ
此に対して(ただ)ちに(すべから)く飲むべし
窮通(きゅうつう)修短(しゅうたん)
造化の(つと)(ひん)する所
一樽 死生を(ひと)しく
万事 (もと)より(つまび)らかにし難し
酔ひし後 天地を失い
兀然(ごつぜん)として孤り枕に就く
吾が身の有るを知らず
此の楽しみ 最も(はなはだ)だしと為す


〔詩意〕
春三月 長安の城下、
昼は千の花が色あざやかに咲き乱れる。
いったい誰がこのすばらしい春に一人愁いに沈むというのだろう、 
春こそすぐに杯をとって酒を飲み楽しむべきである。
人の世の貧窮と栄達、また人の寿命は 
万物創造の神が定めるところではあるが、 
一樽の酒は生も死も同じだと思わせる、
もちろん世のすべては詳しく知ることは難しいのだが。
酔うたあとは天も地もなく、 
なにもわからずに一人枕について寝てしまう。 
酔ってしまうと自分の存在も忘れ果てるが、
これこそが酔いの楽しみの最たるものであろう。


   其四
 窮愁千萬端,美酒三百杯。
 愁多酒雖少,酒傾愁不來。
 所以知酒聖,酒酣心自開。
 辭粟臥首陽,屡空飢顏回。
 當代不樂飲,虚名安用哉。
 蟹螯即金液,糟丘是蓬莱。
 且須飲美酒,乘月醉高臺。


  其の四
窮愁(きゅうしゅう) 千萬端(せんまんたん)
美酒 三百杯
愁い多くして酒少なしと(いえど)
酒傾くれば愁ひは来たらず
所以(ゆえ)に酒の聖なるを知り
酒酣(たけなわ)にして心自ら開く
(ぞく)を辞して 首陽に臥し
(しばしば)空しくて顔回飢う
当代飲むを楽しまずんば
虚名(いずく)んぞ用ひんや
蟹螯(かいごう)は即ち金液(きんえき)
糟丘(そうきゅう)は是れ蓬莱(ほうらい)
(しばら)(すべから)く美酒を飲み
月に乗じて高台に酔ふべし


〔詩意〕
苦しく悲しいことは幾千万、
美酒はわずかに三百杯。
愁いは多く、それを晴らす酒は少ないが、
酒を飲めば愁いはやって来ない。
だから酒の聖なる効き目がわかり、
酒を飲めば心は自然と開放される。
節義を重んじた伯夷と叔斉は周の粟を辞して首陽山に隠棲し、
学問に励んだ顔回はいつも米櫃が空で飢えていた。
生きている今のうちに酒を楽しまないで、
どうして節義や学問などの虚名が役に立つだろうか。
つまみの蟹の鋏は不老不死の薬、
酒かすの丘は仙人の住む蓬莱山である。
ひとまずここは美酒を飲み、
美しい月夜に乗じて高台で酔っぱらうしかない。



14:41 | 李白 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
14:41 | - | - | - | pookmark
コメント
第三首の「落花散如錦,庭花笑如錦。」の部分の
訳については「千花 昼 錦の如し。」でまとめ
てしまわられたのですか?この部分の訳を付けて
戴ければ有り難いのですが・・・自分には文才が
無いもので
2013/05/14 5:28 AM by 森
コメントありがとうございました。

粗忽もの故、メモをそのまま残してしまいました。

「落花散如錦」「庭花笑如錦」の句は「千花晝如錦」の別に伝わる句です。
「三月咸陽城,千花晝如錦。」という上二句を「好鳥吟清風,落花散如錦」や「園鳥語成歌,庭花笑如錦」と作る本があということです。
「千花晝如錦」が一般です。

悩ませてしまい申しあけありません。
ご指摘感謝いたします。
2013/05/16 10:14 PM by 庵主
コメントが何の話か分からなくなりますので別の本をカッコ内に残して修正しました。
2013/05/16 10:27 PM by 庵主
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://sankouan.jugem.jp/trackback/12
トラックバック

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--