= 徒然の漢詩鑑賞 =

  杉篁庵(さんこうあん)主人の漢詩鑑賞ブログです
    縦書きは崩れる場合があるのでやめました
<< 月下獨酌 四首  李白 | TOP | 戴老酒店 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
春日酔より起きて志を言ふ

 李白のこの詩も酔い心地を詠ってなんとも気持ちいい。


  春日醉起言志  李白
 處世若大夢,胡爲勞其生。
 所以終日醉,頽然臥前楹。
 覺來眄庭前,一鳥花間鳴。
 借問此何時,春風語流鶯。
 感之欲歎息,對酒還自傾。
 浩歌待明月,曲盡已忘情。

  春日酔より起きて志を言ふ  李白
世に処(お)るは大いなる夢の若(ごと)し、
胡為(なんすれ)ぞ其の生を労せんや。
所以(このゆえ)に終日酔ひ、
頽然(たいぜん)として前楹(はしら)に臥す。
覚め来って庭前を眄(なが)めやれば、
一鳥 花の間に鳴く。
借問す 此れ何れの時ぞ、
春風に 語らふ流鶯。
之に感じて嘆息せんと欲し、
酒に対してまた自ら傾く。
浩歌して明月を待つも、
曲尽くれば已に情を忘る。


世の中を生きてゆくことは、大いなる夢のよう、
どうして、生きていくことに気苦労するのか。
それゆえ、朝から晩まで、酔って、
酔いつぶれれて、まるい柱のところで横になってしまう。
目覚めて庭先を眺めると、
一羽の鳥が咲き乱れる花の中で鳴いている。
お訊ねしたい、これは一体なんという素晴らしい時なのかと、
春風が吹き、ウグイスは木々を飛び移り囀っている。
この情景に感動しようと、
酒器に向かって、また、杯を重ねる。
大いに歌うたって、明るい月の出を待っていたが
音曲が終われる時には、すっかりと出来上がってしまった。



13:51 | 李白 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
13:51 | - | - | - | pookmark
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://sankouan.jugem.jp/trackback/13
トラックバック

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--