= 徒然の漢詩鑑賞 =

  杉篁庵(さんこうあん)主人の漢詩鑑賞ブログです
    縦書きは崩れる場合があるのでやめました
<< 贈汪倫 | TOP | 陪族叔刑部侍郎曄及中書賈舍人至游洞庭 五首 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
陪侍郎叔游洞庭醉後三首
 陪侍郎叔游洞庭醉後三首 李白
 其一
今日竹林宴,我家賢侍郎。
三杯容小阮,醉後發清狂。

 其二
船上齊橈樂,湖心泛月歸。
白鷗閑不去,爭拂酒筵飛。

 其三
剗卻君山好,平鋪湘水流。
巴陵無限酒,醉殺洞庭秋。

 侍郎叔(じろうしゅく)に陪(ばい)し洞庭に游(あそ)びて酔ひし後の三首
 其の一
今日の竹林の宴、
我が家の賢侍郎、
三杯にて小阮を容し、
酔ふて後 発(つまび)きて清狂す。

 其の二
船上に橈(かい)を斉(そろ)へて樂しみ、
湖心に月を泛(うか)べて帰る。
白鴎閑として去らず、
(いかで)払はん酒筵に飛ぶを。

 其の三
剗却(せんきゃく)すれば君山の好(よろ)しく、
平鋪して湘水の流る。
巴陵に酒限り無く、
酔殺す洞庭の秋。

・陪:伴をする。付き合う。
・侍郎叔:「侍郎」職の叔父の李曄(よう)
・洞庭:洞庭湖(どうていこ)湖南省北東部にある中国最大の淡水湖。湘水(湘江)、沅水(沅江)などが流れ込んで長江に注ぐ。湖畔や湖中には岳陽楼や君山などがあり、瀟湘八景などの名勝に富む。
・賢:同輩や後輩に対する敬称。
・侍郎:秦・漢代、謁見の取り次ぎをつかさどった職。
・小阮:竹林の七賢の一人である阮咸。阮咸が愛用した中国の撥弦(はつげん)楽器。琵琶。初句の「竹林宴」はこれをかけての表現。
・發:撥。弦をはじいて鳴らす。
・清狂:のびやかにひたりきること。気ままに自由に振る舞う。
・容:用いる。持つ。
・発:阮咸が愛用した中国の撥弦(はつげん)楽器を爪弾く。
・橈:船の櫂(かい)。
・筵:〔敷物・むしろの意〕座席。催しや酒宴の席。
・剗卻(せんきゃく):「削・平」の意。けづる。除き去る。卻は助字として他の動詞の下に添える。南宋の陸游の「樓上醉歌」に、この詩による「剗却君山湘水平,斫却桂樹月更明。」の一節がある。
・君山:洞庭湖の岳陽楼の対岸(湖中)にある山。洞庭山。
・平鋪:たいらかにひろがる。
・湘水:湘江。広西省を源とし,洞庭湖湖南に流れ入る川。
・巴陵(はりょう):岳陽県南西の山の名、岳陽県の地方。ここは「岳陽(洞庭湖)」の意。
・醉殺:酔いつぶれる。殺は《補語として》程度が甚だしいことを示す。

侍郎をしているおじさんのお供で、洞庭湖に遊んで酔いつぶれたあとの歌である。
今日の宴会では、
曄叔父さん、
三杯飲んで琵琶を抱え、
酔っぱらつて思いのままに爪弾いた。

洞庭湖に船を浮かべて樂しみ、
湖面に浮かぶ月を眺めた。
白い鴎は船の周りを飛び、
宴席はなお趣深い。

目前の君山を平らかにすれば、
湘水はゆったり広がり流れ入るのだろうか。
そんなこともなかろうが、酒は限り無くあり、
洞庭湖の秋を満喫してひたすら酔いつぶれたのだった。

このとき詠んだのであろう、「陪族叔刑部侍郎曄及中書賈舍人至游洞庭 五首」もある。これは次回。


12:30 | 李白 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
12:30 | - | - | - | pookmark
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://sankouan.jugem.jp/trackback/21
トラックバック

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--