= 徒然の漢詩鑑賞 =

  杉篁庵(さんこうあん)主人の漢詩鑑賞ブログです
    縦書きは崩れる場合があるのでやめました
<< 陪侍郎叔游洞庭醉後三首 | TOP | 春日獨酌 二首 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
陪族叔刑部侍郎曄及中書賈舍人至游洞庭 五首

次回と予告したので読んでは見たが、不明な点が多い。とりあえずの読みです。


陪族叔刑部侍郎曄及中書賈舍人至游洞庭 五首 李白
族叔(ぞくしゅく)刑部侍郎(けいぶじろう)(よう)及び中書(ちゅうしょ)賈舎人至(かしゃじんし)に陪(ばい)して洞庭(どうてい)に游(あそ)
(「陪族叔刑部侍郎曄及中書舎人賈至遊洞庭湖」となっているものもある)

 其一
洞庭西望楚江分,水盡南天不見雲。
日落長沙秋色遠,不知何處弔湘君。

洞庭 西望するや楚江(そこう)分れ、 
水尽くる南天は雲を見ず。
日落ちて長沙(ちょうさ)秋色遠く、
知らず、何れのところにか湘君(しょうくん)を弔(とむら)ふ。

・楚江:長江。
・長沙:中国、湖南省の省都。洞庭湖の南、湘江下流の東岸に位置する。
・湘君:湘水の女神。舜の二妃、江湘の間に死し、俗に湘君という。

洞庭湖から西方を望むと長江が分流し、
湖水の尽きる南の空は一点の雲もなく晴れ渡っている。
やがて夕日は落ち長沙の街は遠く秋の色に染まっている。
ただ洞庭湖は広々として舜帝の後を追い湘水に身を投げた娥皇と女英を弔うのがどのあたりか見当もつかない。

 其二
南湖秋水夜無煙,耐可乘流直上天。
且就洞庭賒月色,將船買酒白雲邊。

南湖(なんこ)秋水 夜 煙無く、
(なん)ぞ 流れに乗じて直ちに天に上(のぼ)る可(べ)けんや。
(しばら)く洞庭に就(つ)いて月色を賒(か)り、
船を将(も)って酒を買ふ 白雲の辺(ほとり)。 

・煙:霞や靄。
・賒:つけで買う。割賦で買う。

南湖の秋の夜 靄一つ無く召貪呂辰討い襦
水の流れに乗って、このまま空まで昇れるだろうか。
せめてこの洞庭湖に 月の光りをツケに、
船を漕ぎ酒を買い白い雲のほとりで飲もう。

 其三
洛陽才子謫湘川,元禮同舟月下仙。
記得長安還欲笑,不知何處是西天。

洛陽の才子 湘川に謫(たく)され、
元礼 同舟す 月下の仙。
長安還りて笑はんと欲するを記し得たるも、
何れの処か是れ西天なるを知らず。

・洛陽才子:前漢の賈誼(かぎ、紀元前200年−紀元前168年)前漢時代の政治思想家、文章家。長沙王の太傅として左遷。
・謫:流罪にする。
・元禮:李膺(りよう110〜169)。潁川襄城(河南)出身。字は元礼。孝廉をへて司徒掾となり、地方官に転じて主に北辺諸官を歴任した。宦官が壟断する朝政を批判して士大夫の中心的存在となったが、166年に河南尹のときに偽占者の張成を処刑したことで誣告され、竇武らの嘆願で禁錮とされてからは郷里で私塾を開き、名士の領袖の一人として三君に亜ぐ八俊の筆頭に数えられた。霊帝が即位すると召されて任用されたが、翌年に党人捕縛が命じられると「事不辭難,罪不逃刑,臣之節也。吾年已六十,死生有命,去將安之!”難事に当たって辞せず、罪となって刑から逃げないのは臣下としての節度だ。私はすでに六〇歳。生死は天命にあり、去るとしても行くべき処がない」と答え、獄に下り死罪となった。このことをふまえての句であろうか。判然としない。
 なお、この李膺は剛直な性格で、相手が宦官であろうが、皇帝であろうが、命を惜しまずに筋を通し「天下の模楷(模範)は李元礼」と評され、知縁の仲介を除いて面接する事が稀で、そのため李膺の知遇を得ることは士大夫社会で非常な栄誉とされ、李家の門は黄河の龍門になぞらえて“登竜門”と呼ばれた。登竜門の故事である。
・月下仙:月に住む仙女、不死の薬を盗んで飲み、月に入ったといわれる姮娥(こうが)嫦娥(じょうが)。転じて、月の異称。
・記得:(過去の)…を覚えている。
・西天:浄土、極楽世界。

洛陽一の才人といわれた賈誼は湘川に左遷され、
天下の模範といわれた元礼も月とともに船に乗る(?月下に冥途に旅立った)。
再び長安に帰り楽しみたいと思ってはいたが、
極楽世界はどこにあるものやらわからない。

 其四
洞庭湖西秋月輝,瀟湘江北早鴻飛。
醉客滿船歌白苧,不知霜露入秋衣。

洞庭の湖西に秋の月輝やきて、
瀟湘の江北に早くも鴻(おおとり)飛ぶ。
酔客船に満ち白苧を歌ひ、
霜露の秋衣に入るを知らず。

・瀟湘(せうしやう):中国、湖南省を北流する瀟水と湘江。また、その二河の合流する洞庭湖南部。
・鴻:オオカリ。(渡り鳥)
・白苧(はくちょ):「白紵の曲」。・苧(チョ・を):からむし。イラクサ科の多年草。高さ1メートル以上に達する。葉は広卵形で、下面に白綿毛を密生する。七、八月頃、黄白色の小花を多数密生する。苧麻(ちよま)。マオ。麻の古名。

洞庭湖の西に秋の月は輝き、
瀟江と湘江の合する北には早くも鴻雁が飛んでいる。
酔った客は船に滿ちて白紵の曲を歌い、
夜ふけて霜や露が秋の衣に沁み透るのも気づかない。

 其五
帝子瀟湘去不還,空餘秋草洞庭間。
淡掃明湖開玉鏡,丹青畫出是君山。

帝子瀟湘に去りて還らず、
空しく余す秋草洞庭の間。
淡掃の明湖 玉鏡を開き、
丹青の画き出すは是れ君山。

・帝子:堯の娘。娥皇と女英。共に舜の后や妃になった。帝子は、夫の舜の崩御を嘆き悲しみ、湘江で溺死した。
・淡掃:薄化粧。
・丹青:赤と青。絵の具、色彩。
・君山:洞庭湖の湖中の島、島全域に古代伝説にちなむ旧跡が散らばっている。

舜の跡を追って娥皇と女英は湘江で死に、
洞庭湖の周りにはむなしく秋の草が揺れている。
薄化粧の明るい湖は波静かで、
君山を美しく映し出している。

(刑部侍郎をしている親戚の李曄おじさんと中書舎人の賈至さんのお供で、洞庭湖で遊んだときの五首の歌)

12:06 | 李白 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
12:06 | - | - | - | pookmark
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://sankouan.jugem.jp/trackback/22
トラックバック

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--