= 徒然の漢詩鑑賞 =

  杉篁庵(さんこうあん)主人の漢詩鑑賞ブログです
    縦書きは崩れる場合があるのでやめました
<< 酒を把(と)りて月に問ふ | TOP | 「翠微」を詠った杜甫と李白の詩 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
襄陽の歌
襄陽は、孟浩然の出生地であり、三顧の礼の舞台でもある。
酒仙李白はこのように詠っている。


 襄陽歌  李白
  落日欲沒峴山西
  倒著接蘺花下迷 (蘺→【上四下離】 )
  襄陽小兒齊拍手
  遮街爭唱白銅鞮
  傍人借問笑何事
  笑殺山翁醉似泥
  鸕鷀杓、鸚鵡杯
  百年三萬六千日
  一日須傾三百杯
  遙看漢水鴨頭
  恰似葡萄初醗醅
  此江若變作春酒
  壘麹便築糟丘臺
  千金駿馬換小妾
  笑坐雕鞍歌落梅
  車傍側挂一壺酒
  鳳笙龍管行相摧
  咸陽市中歎黄犬
  何如月下傾金罍
  君不見晉朝羊公一片石
  龜頭剥落生莓苔
  涙亦不能爲之墮 
  心亦不能爲之哀
  誰能憂彼身後事
  金鳧銀鴨葬死灰
  清風朗月不用一錢買
  玉山自倒非人推
  舒州杓 力士鐺
  李白與爾同死生
  襄王雲雨今安在
  江水東流猿夜聲

 「襄陽の歌」 雑言古詩 李白
落日没せんと欲す峴山(けんざん)の西
倒(さかし)まに接蘺(せつり)を著けて花下に迷ふ 
襄陽の小児斉(ひと)しく手を拍(う)ち
街を遮(さへぎ)って争ひ唱ふ白銅鞮
傍人借問(しゃくもん)す 何事をか笑ふと
笑殺す 山翁酔ひて泥に似たると
鸕鷀(ろじ)の杓(しゃく)、鸚鵡(おうむ)の杯
百年 三万六千日
一日 須らく三百杯を傾くべし
遙かに看る 漢水の鴨頭(おうとう)の緑
恰かも葡萄の初めて醗醅するに似たり 
此の江 若し変じて春酒と作(な)らば
麹(きく)を塁(かさ)ねて 便ち築かん糟丘(そうきゅう)の台
千金の駿馬 小妾に換へ
笑ひて雕鞍(ちょうあん)に坐して落梅を歌はん
車傍に側(かたむ)け挂(か)く一壺の酒
鳳笙(ほうしょう)龍管(りゅうかん)行くゆく相ひ摧す
咸陽の市中に黄犬を歎くは
何ぞ如(し)かん 月下に金罍(きんらい)を傾くるに
君見ずや 晋朝の羊公の一片の石
亀頭(きとう)剥落(はくらく)して莓苔(ばいたい)を生ず
涙も亦 之が為に墮(お)とす能(あた)はず
心も亦 之が為に哀しむ能はず
誰れか能く彼の身後の事を憂へんや
金鳧(きんぷ)銀鴨(ぎんおう)死灰(しかい)に葬(ほうむ)らる
清風 朗月 一銭の買ふを用ひず
玉山自ら倒るるは 人の推すに非ず
舒州の杓 力士の鐺(とう)
李白 爾(なんじ)と死生を同じうせん
襄王の雲雨 今安くにか在る
江水東流して 猿夜に声(な)く

・峴山:襄陽の東南九里にあるという山。
・接【上四下離】:白帽、晋の山簡の故事を引く。・倒著接蘺:山簡は帽子を逆さに被り、馬に後ろ向きで乗馬するといった奇行を度々犯して、当時流行った襄陽童謡に歌われたといわれている。酒に酔ったときの様。
・白銅鞮:曲の名。
・借問:問うてみる。
・山公:山簡のこと。字は季倫。西晋時代の人。竹林の七賢の一の山濤の子。
・鸕鷀杓:鵜の形をした酒をくむひしゃく。・鸚鵡杯:鸚鵡貝の盃。
・鴨頭僉Сの首の毛のやうな緑色をしている。
・壘麹:つみかさねた麹(こうじ)。・糟丘臺:殷の紂王が酒の粕で岡を築いたやうにうてなを築こう。
・駿馬換小妾:後魏の曹彰が駿馬を見つけ、手に入れたいと、「自分には好い妾(めかけ)たちがいるので、あなたがすきな妾を選び、馬とを交換しよう」と持ちかけたという故事。
・雕鞍:玉をちりばめた鞍。・落梅:曲の名。『落梅花』
・鳳笙龍管:鳳の鳴き声のような(鳳の姿のような)笙に、龍のなき声のような笛の音。
・歎黄犬:秦の宰相李斯は刑場に牽かれるとき、子に「吾なんぢとまた黄犬を牽いて上蔡の東門を出で狡兎を逐はんと欲するもあに得べけんや」と嘆き、殺された。
・金罍:雷雲の模様を画いた黄金製の酒器。
・羊公:呉と闘った西晋の名将羊祜。死後その頌徳碑が峴山に立ち、みるものみな悲嘆したので堕涙碑といわれた。
・龜頭:石碑の土台の亀の頭。石碑の土台部分は亀のような形をして、甲羅に碑を背負っている形になっている。・莓苔:莓は苔に同じ。
・朗月:明月。
・玉山自倒:竹林の七賢の一である三国・魏の嵆康の酔った様は、玉山のまさに崩れんとするやうだったという。・玉山:美しい容姿のたとえ。崑崙山の西にある西王母のいたところ。
・舒州:酒器の名産地。今の安徽省潛山。・力士鐺:今の江西省南昌より産した力士の形を刻した酒を温めるのに使う三本脚の鼎。
・襄王雲雨:楚の襄王が高唐に遊んだ故事による。楚の襄王(一説に、父の懐王)が高唐の台に遊んだとき、寝の夢の中で巫山の神女の「願わくは枕席を薦めん」という言葉により、神女を寵愛し契を結び、神女は雲雨となって現れると言った。「巫山之夢・巫山雲雨」

 《訳詩》
夕日が西に落ちる頃
逆さに被る羽根シャッポ
花咲く下の千鳥足
街の子供ら手打って
囃し歌って通せんぼ
「何がそんなに面白い?」
「ふらふら酔ってドロみたい」
ヒシャク・サカヅキ手に持って
人生百年 せいぜい三万六千日
日に三百杯 飲みに飲む
遠く眺める川緑
まるでできたてワイン色
この川みんな酒になれ
酒粕積んで丘作ろ
若いメカケを馬に換え
飾った鞍で唄歌う
馬車の横には酒の壺
道々笛を奏でつつ
この人生を悔やむ無く
月下で酒を傾けん
知っていますか記念碑だとて
今はそこらのだだの石
土台は欠けて苔茂る
悲しい話し聞いたって
涙も出でず哀しめず
死後を愁いてなんとする
葬式飾り無駄なこと
清らの風と月明かり
それだけありば金いらぬ
酔って倒れてそれだけだ 
ヒシャクよナベよ俺はなぁ
生きるも死ぬも一緒だぞ
夢はいずこへ消えたやら
川は流れてとどまらず
夜のしじまに猿の声


襄陽は漢水の中流にある町で、李白の本拠地安陸とは近いところ。敬愛する孟浩然が住んでいたこともあり、李白はたびたび訪れたよう。
自分を竹林の七賢にもならべ、人生をあくせく生きることの空しさと、酒に溺れる歓楽とを歌う。漢江を見てこれがすべて酒に変ずればと思い、酒器と死生を共にせんという。
李白が酒仙と称される所以であろうか。私が訳すとなんとなく哀しくなる。


なお、この「君不見晉朝羊公一片石」と詠われる「羊公碑・堕涙碑」は日本でも良く知られていたのか、松尾芭蕉は「奥の細道の旅」で、義経の忠臣佐藤忠信・継信兄弟ゆかりの地を訪ねた時の章段にひいている。
「佐藤庄司が旧跡は、左の山際一里半ばかりに有り。飯塚の宿鯖野と聞て尋ね尋ね行くに、丸山と云に尋ねあたる。是庄司が旧館也。麓に大手の跡など、人の教ゆるにまかせて泪を落し、又かたはらの古寺に一家の石碑を残す。中にも二人の嫁がしるし、先ず哀れ也。女なれどもかいがいしき名の世に聞こえつる物かなと袂をぬらしぬ。堕涙の石碑も遠きにあらず。寺に入りて茶を乞えば、爰(ここ)に義経の太刀、弁慶が笈(おい)をとゞめて什物(じゅうもつ)とす。
 笈も太刀も五月にかざれ帋幟(かみのぼり)〔端午の節句の5月なのだから、弁慶の笈も義経の太刀も、帋幟といっしょに飾って祝ってもらいたいものだ。〕」
「中国にあるその碑を見たものは必ず涙を流すという有名な堕涙の碑だが、中国だけのことではないのだ、案外近くにあったのだなぁ」と感慨に耽っている。
11:39 | 李白 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
11:39 | - | - | - | pookmark
コメント
とても、参考になりました。
僕も、大人のためのサイトを持っています。
酒器も紹介しています。
よければ、見ていって下さい。
2010/10/10 12:20 PM by かもみーる
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://sankouan.jugem.jp/trackback/31
トラックバック

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--